naver650x50
    僕に反論したい方はまずこの動画を全部見てきてください。
    http://nippondesu.doorblog.jp/archives/43903119.html

    カテゴリ: 読め!!

    自民党新憲法案でまだこの条項が残っていたので(のみという部分は削除されていたが)、

    昨日夜に記事を書こうとしていたのだが、引用するための横書き文が見つからず、

    探しているうちにとある理由により、「とりあえず今度にしよう」と思い投稿しなかったのだが、

    sankeiの記事にあったので投稿することにする。


    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120504/plc12050403140003-n1.htm


    しかし、時は過ぎ六十有余年、農業人口が数パーセントに激減した今日、
    日本国憲法は日本の伝統を破壊し尽くしてしまった。
    その根源は第24条にある。
    と言っても、第24条が何であるのか、大半の人は即答できないであろう。第9条ならば多くの人は即答できるであろうが。第24条第1項はこう述べる。「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し」と。
    この条文は個人主義の立場に立つ。「両性の合意のみ」が家族を形成するという宣言であり、その具体像が核家族である。

    夫婦二人の幸せだけでいいとしてきたこの家族像には、親も見えない、子も見えない。まして親類などはむしろ煩わしいとなる。

    ---------------

    授業でこの話をやたらと強調してただろ。
    覚えてないか?
    俺は覚えてるよ。
    教師が熱心だった話し=工作の重要な点 であるからね。
    以前「あ~だから教師が熱心だったのかと」思ったものだ。

    まぁおれが語るよりじーちゃんが語ってくれてるから
    俺からはとりあえず説明しないが、
    このじーちゃんは白の可能性あるかもだな!!

    まだよく調べてないけどな。


    その根源は第24条にある。

    すばらしい。

    リンク先を全部読んできてね。

    追記
    軽くWIKIをみてみたが。
    どうだろうな。そんなにプッシュできるような材料はなかったかんじだ。
    ただ現状24条の話をしているだけましなほうだな。


    世の中を変える方法である。

    そのままの意味であって、

    世の中を良くする方法ではない。

    世の中を良くする方法となると、難易度が一万倍一億倍と半端なく難しくなる。

    世の中を変えるだけであるなら、それほど難しくはない。

    現在の日本は民主主義である。

    世の中を変えるためには約半分の人を説得するだけでいい。

    刀も銃もいらない。

    剣術の達人である必要もない。

    格闘技の達人である必要もない。

    約半数の人間に、「お前の判断についていく。」

    もしくは「お前の考えが正しい。」と思わせるだけでいい。

    これだけで世の中を変えることができる。

    これはそんなに難しくないことである。

    半数の人間を説得するというと難しいことのように聞こえるが、

    逆に言えば半数の人間は無視してていいのである。


    別の主張・活動をしている誰々のせいで、
    我々の主張が広まらない
    我々の活動に悪影響がある



    ----------------

    これは禁句だね。

    これを言ったら最後、その人物には日本を変えられない

    世の中を変えれない理由を他人のせいにしているからね。

    どんな影響力をもっているやつがいようとも、

    それを変えるのがお前の仕事・役目だろうと。

    違うのかい?


    これを言った人は、必ずまた他人のせいにするよ。

    これは争いの種をまく

    その人間に導かれている人間は不満をためるからね。

    「あいつのせいだ!」ってね。


    俺はこのセリフを一度も言ったことないと思うよ。

    思ってもいないからね。

    以前にも書いた

    「世の中おかしい(最終的な責任・原因は)女のせい」

    男がこれをいっちゃおしめーよ。

    これと同じレベルの禁句だね。

    これを言ったら最後、できたとしても小さな仕事しかできない。



    今回は特に多く語らないが、(多くは説明しないが)

    重要なことだから各自考えてください。

    この話はまた書くよ。


    http://nippondesu.exblog.jp/17894649/

    このページのトップヘ