naver650x50
    僕に反論したい方はまずこの動画を全部見てきてください。
    http://nippondesu.doorblog.jp/archives/43903119.html

    カテゴリ:お前らよく考えろ > いろいろ

    ライブドアに移ってきてから一年以上たったので、
    ちょっと変えてみました。(PCの表示のみ)
    いまだに検索からはあまり来ない感じ。
    移動する前のエキサイトのほうは結構来てたんだけどね。

    本当は新しいスキンを使おうと思ったのですが、
    欲しい奴が見つからず、結局使ってたやつをいじって、
    やってます。強引にやってるので、
    ちょこちょこ変なところがありますw
    が気にしないでください。

    まだちょくちょくいじると思います。

    ある程度の年齢の人にはとても馴染みのある歌だと思います。
    スクールウォーズのOPにもなった曲。
    ボニー・タイラーの『Holding Out for a Hero』という曲です。(以下 ヒーロー)
    この英語版と日本語版の歌詞がぜんぜん違うのです。

    もともと私はフットルースのアルバムをもっていたので、
    そこに入っていたヒーローは散々聞いた曲でした。
    200回以上は聞いたかな。
    でも歌詞はわかってなかったので、最近調べてみて本当に驚きました。

    カルチャーショック

    よくアメリカはヒーローの国といわれます。

    >ある船に火災が発生した。船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために
    >アメリカ人には 「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
    >日本人には 「みんなもう飛び込みましたよ」


    よく2chなどでコピペされるこのジョークで、
    アメリカがヒーローの国ということは知っていたのですが、
    それでもカルチャーショックという言葉が頭に浮かびました。

    英語版


    日本語版



    英語版 歌詞

    雄々しい男たちはどこへ消えたのか?
    全能の神々はどこにいるのか?
    敢然と困難に立ち向かう
    町のヘラクレスは?
    勇み立つ駿馬にまたがった
    白い騎士たちは?

    夜更けの寝苦しさの中で
    理想の勇者を夢見る私

    ヒーローはどこに?
    新たなヒーローの出現を待ち望み
    私は長い夜を明かす
    誰よりも強く
    たくましい
    百戦錬磨の騎士でなければ
    ヒーローはどこに?

    新たなヒーローの出現を待ち望み
    私は眠れぬまま朝を迎える
    真の英雄よ
    早く姿を現して

    並外れたあなたの力が必要だ

    http://mrrock.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/holding_out_for_d145.htmlさまより引用

    ↑クリックをして全文見てきてください。
    (動画の中の歌詞を見るのでもかまいません。)

    この曲がアメリカでリリースされたのは
    Released April 13, 1984

    1984年。日本じゃこんな歌詞は考えられないですよね。
    日本語版でガラッと歌詞が変えられたのもわかります。
    日本でも男らしさを歌う曲はありました。
    あるにはありましたが、私が覚えている限りだと
    巨人の星やら侍ジャイアンツやらのOPの感じで、
    男自身が男の心構えを語るという感じでした。

    巨人の星 http://youtu.be/ZIOTj69jxis
    思いこんだら 試練の道を 行くが男の ど根性

    侍ジャイアンツ http://youtu.be/IzyHGBi4XwQ
    野球地獄で 男をみがけ


    でもこのヒーローという曲では、女側から男を語ってるんですよね。
    もしかしてアメリカでもそういう風潮、男の男らしさが
    なくなってきている状況があって、この歌が出てきた可能性もありますが、
    それでも日本ではとても考えられない歌詞です。
    日本でこのような女の側から勇ましい男を望む曲ってあったのですかね?
    戦前でもなかったんじゃないかなと思うぐらい強烈な歌詞だと思います。

    http://nippondesu.exblog.jp/18047366/

    反論でも良いんでお願いします。
    書くことをなければ翻訳乙とかでもいいからw
    コメントがあれば1000ぐらいまでは行くかなと。
    翻訳した二つの動画ね。




    このページのトップヘ